人気ブログランキング | 話題のタグを見る

胎盤の位置

39歳 女性 会社員

 A子さんは子宮内膜症の治療のために低用量のエストロゲン・プロゲステロンによる治療を行っていましたが、1年前にご結婚し妊娠を希望とのことで内服を終了しました。程なく妊娠が成立し今度は妊婦健診のため当院に通院していました。胎児発育も母体の経過も順調でしたが胎盤の付着位置が低いことが気になっていました。妊娠の経過とともに通常は胎盤が子宮口から離れていくのですがAさんは妊娠24週を過ぎても低いままでした。Aさんのご実家は沖縄で、里帰り分娩の予定でした。妊娠26週の妊婦健診時も胎盤は位置が低いままでそれに加えて赤ちゃんが骨盤位(逆子)でした。ご本人に「前置胎盤の疑いに加えて逆子。それに遠方への里帰りのためもう帰省して分娩に備える必要があります。」とお話ししましたが仕事の都合でどうしても帰ることができないと早期帰省に同意を得ることができませんでした。そこで「2週間後の健診も同様であれば帰省してください。」と説明し28週の妊婦健診を当院で行いましたがやはり胎盤の位置も赤ちゃんの位置にも変化がありませんでした。ご本人に①前置胎盤では妊娠中や分娩時に急な大量出血が起こる可能性があり、分娩は帝王切開になること ②骨盤位だけでも分娩は帝王切開になる可能性が高いこと ③高齢出産で今回の妊娠を大事にしないと次の妊娠の可能性は低いこと を説明しなんとか帰省を早めてもらうことができました。

 先週ご紹介先の主治医から、前置胎盤のため高度治療の病院に転院し輸血を準備した上での帝王切開になったが無事に男の子を出産なさったとのお返事をいただきました。


ポイント:胎盤の位置は自分の力ではどうすることもできません。前置胎盤や低置胎盤という診断を受けた場合には里帰りを早める必要がある場合も想定されます。産婦人科医が早期帰省や転院についてお話しするのは赤ちゃんとお母さんの安全のためです。妊婦さんはいつでも主治医の判断に対応できるよう早めの準備をこころがけましょう。


# by chikakinu | 2021-11-01 05:00  

ウイルス性肝炎

21歳 女性 専門学校生


 およそ1年前、A子さんは避妊のためにピルを希望し当院を受診なさいました。当院ではピルを内服している場合には6ヶ月に1回血液検査をしていますが、今回行った採血検査でA子さんの肝機能の数字が上昇していました。お酒もほとんど飲まないことから肝炎ウイルスを疑い、B型肝炎とC型肝炎について検査を行いました。するとC型肝炎ウイルスが陽性でした。ウイルス性肝炎の感染原因はいくつかありますが、A子さんの場合は性交による感染でした。

治療が必要なため、連携病院の消化器科にご紹介しました。


 診断は「C型慢性肝炎」であり、治療を開始したとのお返事を主治医よりいただきました。


ポイント:C型肝炎ウイルスは性交の他、入れ墨、不衛生な民間療法などにより感染します。


# by chikakinu | 2021-10-01 05:00  

HPVワクチンにつきまして

当院ではHPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)の接種を行なっております。

4価ワクチン(4種類のHPVを予防できます)を使用しています。

HPVワクチンは電話で予約の上来院してください。

未成年の方は必ず保護者同伴でいらしてください。


# by chikakinu | 2021-09-01 05:00  

手足の湿疹

32歳 女性 パート従業員 

 A子さんが自治体の子宮がん検診のため当院を受診なさった時、A子さんの足に気になる発疹を認めました。梅毒検査をすすめましたが自分はそんな病気になっているはずは無いと怒り検査に同意していただくことはできずそのままお帰りになってしまいました。しかしその2週間後、手のひらにも細かい湿疹が出てきたと受診してきました。そこで再度梅毒検査をすすめると、「自分でもネットでいろいろ調べて心配になり今日受診しました。4ヶ月前に新しいパートナーができてから外陰部にしこりができたり実はいろいろ気になっていました。」と今回は検査に同意していただくことができました。

 血液検査の結果はやはり梅毒陽性でした。パートナーもすぐに検査を受けるようにお話しました。治療はペニシリン系の抗生物質の内服を開始し、その後梅毒抗体価は順調に低下してきています。


ポイント:梅毒は名称から過去に流行していた性病と思われがちですが、現在増加している性感染症です。またNIIDの報告によるとHIV感染症患者さんの50%が梅毒陽性であったとのことです。梅毒の後ろにはHIV感染が隠れていることを忘れてはいけません。また梅毒は届出伝染病であることもあまり知られていないようです。


# by chikakinu | 2021-09-01 05:00  

不正性器出血 case4

52歳 女性 介護職員

 A子さんは2年前に閉経になり、月経に煩わされることもなり快適な毎日を過ごしていました。ところが3ヶ月ほど前に出血があり驚きました。しかし4日ほどで止血したこと、また昨年会社の健康診断で受けた子宮頸がん検診も問題がなかったことからそのままにしていました。しかし半月ほど前に出血がまた始まり、今度は出たり止まったりを繰り返し一向に止まる様子がないため当院を受診しました。

 当院受診時も暗褐色の出血を認めました。超音波検査では子宮内膜の肥厚が見られました。そこで子宮内膜の細胞診(子宮体がん検診)を行いました。がん検診の結果は陽性(悪性の可能性もある)でした。後日結果を聞きにいらしたA子さんに上記を説明し、さらに組織検査が必要であることをお話しました。1週間後当院にて組織検査を行ったところ病理組織の結果は子宮体がんでした。A子さんと心配して付き添っていらしたご主人に子宮体がんの可能性が高いため手術による治療が必要であることを説明し、総合病院へご紹介しました。

 昨日連携病院から治療経過についての報告書を頂き、手術の結果は初期の子宮体癌がんとのことでした。


ポイント:子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあります。同じ子宮という臓器に発生する癌ですが、それぞれ発生原因が全くことなります。子宮頸がんはヒトパピローマウイルスが原因でおこり、子宮体がんは主に過剰な女性ホルモンが原因となって発生するがんです。A子さんは閉経になってから個人輸入で若さを保つのに効くというサプリメントを購入して毎日飲んでいたそうです。成分詳細がわからないので今回の病気との因果関係は不明ですが子宮内膜を増殖させる物質を過剰に体内に取り入れると子宮内膜を人工的に増殖させ、子宮体がんを自分で作ってしまうことがあります。注意しましょう。


# by chikakinu | 2021-08-01 05:00