<   2018年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ためになる診療

 あけましておめでとうございます。
今年もより良い年でありますようお祈りいたします。
 年の初めである今月は私がいつも考えている患者さんの「ためになる診療」についてお話します。

 松下電器産業、現在のパナソニックを一代で築きあげた松下幸之助氏は沢山の格言を残しています。私が好きな松下語録の一つは「客の好むものを売るな、客のためになるものを売れ。」です。医療に言い換えれば「患者さんの好む診療をするな、患者さんのためになる診療を行え。」となるでしょう。
 数年前、不妊症のスクリーニング検査を行った20代の患者さんに、肥満を認めたためまず体重を減少させる必要があることを説明した時のことです。その患者さんは、「自分は不妊症で悩んで来たのに不妊症の治療をしないなんて不誠実だ。」と立腹し帰って行きました。そして後日ご主人を伴い納得いかないと再度受診されました。そこで肥満では次のようなことがあることを改めて説明しました。第一に排卵が不順になりやすいため妊娠が成立しにくいこと。第二に治療により妊娠が成立しても流産しやすく、また妊娠がたとえ継続したとしても妊娠高血圧などが起こる確率が高く母体も胎児も危険になること。第三に救命するために緊急帝王切開を行っても麻酔も手術も危険なことをお話しました。そしてまだ20代なのでここ一年で体重を減らしその後本格的な不妊治療を開始した方が今後のためにも良いと説明しました。ご本人は不満そうでしたがご主人は私の説明を理解し目標体重まで減らしたら再度受診させますとおっしゃってお帰りになりました。そして約束どおり約1年後に減量して受診し不妊症治療を行い現在は二人のお子様のお母さんとなりました。今でも時々受診なさりかわいいお子様方の写真をみせてくださいます。
 患者さんの「好む診療」をする方が、患者さんも喜び、医師も患者さんに納得いただくための時間のかかる説明をする苦労も無く楽で簡単です。その上、「ためにならない診療」でも患者さんが好んで通院してくれる訳ですから医療経営的にも良いのでしょう。でもそれでは全く患者さんのためになりません。私は医師は医療に誠を尽くすべきと考えます。松下氏の言葉に学び、これからも当院は患者さんが「好む診療」ではなく患者さんの「ためになる診療」を心がけていきたいと思います。

[PR]

by chikakinu | 2018-01-01 05:00