<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

体内時計について

 2017年のノーベル医学生理学賞は体内時計を研究した米国の3氏が受賞しました。今月は体内時計についてお話します。

 人間の体は地球の自転に合わせて24時間のリズムで動くように設定されています。地球に生命が誕生した約35億年前から今日まで、気の遠くなるような年月をかけて私たち人間は約24時間で変動する概日(がいじつ)リズム(生物時計や体内時計と同じ意味)という生理現象を獲得してきました。私たちが朝になると目が覚めて、昼間活動し、夜眠る・・とうリズムは遺伝子によって決められていることなのです。この概日リズムをコントロールしているのが時計遺伝子です。この同調(リズムの補正)は朝に行われます。同調するスイッチは「光」と「摂食による消化管の動き」の2つです。体がリズムよく働くようにするには朝の光を浴びることと朝ごはんを食べて腸を動かすことです。この時計遺伝子に逆らった生活は、がんの発症率を高くし、やる気のでるホルモンや眠くなるホルモンの分泌不全がおこり、がん、うつ病、不眠などの病気を自分で作ってしまうことになります。毎日朝ごはんを摂らずに出勤ギリギリまで寝ているという生活は体の不調を招きます。私は不定愁訴(診察の結果、原因となる病気が無いのに、なんとなくだるい、やる気がでない、疲れるなどの症状)のある患者さんに「それらの症状を治す魔法の薬はありません。どんなに疲れていても、どんなに夜遅くまで起きても毎朝早めに決まった時間に起きて朝食をしっかり摂るようにすると体調が良くなりますよ。」とお話しています。薬が処方されないと不満に思う患者さんもいるようですが「病気では無い」と診断するのも私たち医師の仕事です。決まった時間に起きる、朝ごはんを食べるということは最初のうちは難しいかもしれませんが続けると夜になると自然に眠くなり、朝も自然に目が覚めるようになり体調が安定します。時計遺伝子が決定している概日リズムに合わせた生活が健康を作るのです。

[PR]

by chikakinu | 2017-12-01 05:00