人気ブログランキング | 話題のタグを見る

外陰部の疼痛


35歳 女性 会社員

 A子さんは二日前から外陰部に痛みを感じていました。ナプキンに蒸れたのかしら、下着が擦れてしまったのかしら?」と思いながら過ごしていました。その夜はお風呂上がりに市販の外陰部用の軟膏を塗って休みました。次の日の朝、起きてトイレで排尿すると外陰部にビリッと激しく染みる痛みを感じました。その痛みはだんだん激しくなり会社の椅子に座っているのも社内を歩くのもつらくなり会社を早退しました。家で寝ていましたが足の付け根にもゴロゴロする「しこり」を感じ、38度を超える熱がでてきました。3週間前に取引先で新型コロナ感染症のクラスターが発生したことを思い出し、コロナ感染が心配になり発熱外を受診しましたが結果は陰性でした。次の日自分で外陰部を見てみると水ぶくれがたくさんあり驚いて当院を受診なさいました。

診察所見は外陰両側に水泡ができていて、一部潰瘍化を認め両側の鼠径リンパ節も腫れていました。

性器ヘルペスの初回感染でした。

疼痛緩和のために外陰部に麻酔治療を行い、抗ウイルス薬の内服薬と軟膏を処方しました。     

症状は5日ほどで軽減し現在潰瘍部分も治癒しました。 


ポイント:性器ヘルペスは性感染症の一つです。

性器ヘルペスのウイルスは一旦治ったように見えても神経節に潜んでいて、免疫力が低下した時に再発をおこします。

水泡が出ている時には自分が感染源となりますのでパートナーや家族に移さないように注意が必要です。


by chikakinu | 2021-12-01 00:00  

<< 過多月経 胎盤の位置 >>