人気ブログランキング | 話題のタグを見る

帯下(おりもの)の増加と痒み

37歳 女性 会社員

 一ヶ月前より帯下が増加していると感じていました。しかし病院に行かずにそのまま様子をみていました。すると嫌な匂いの帯下も出てくるようになりました。臭いと痒みがひどくなり、とても心配になり当院を受診なさいました。
 来院時の帯下は泡沫状でやや黄緑色。正常帯下とは異なる嫌気性菌等の菌も増殖した臭いを呈していました。顕微鏡で帯下を確認すると原虫が活発に動いているのが確認できました。診断は膣トリコモナス症でした。
 膣剤にて治療し、内服薬を処方。パートナーも病院を受診し治療を受けるよう説明しました。10日後に確認すると膣内は清潔に保たれ、顕微鏡で帯下を確認するとトリコモナスは消失していました。

ポイント:膣トリコモナス症はトリコモナスという原虫によって引き起こされる性感染症です。原因が原虫であるため膣だけではなく子宮頸管、尿路にも侵入し、パートナーの尿路や前立腺にも感染していることがあります。

by chikakinu | 2021-02-01 05:00  

<< 無症状 卵巣腫瘍 不妊症 case2 >>