人気ブログランキング | 話題のタグを見る

不妊症 case2

30歳 会社員
 結婚して3年経つもなかなか妊娠せず悩んでいました。本人は標準的な体型で肥満も体重減少無く今まで大きな病気もありませんでした。同い年の夫も健康です。30歳の誕生日を迎えたのを機に産婦人科を受診してみることにしました。
 当院受診時、身長158cm 体重53kg BMI 21。超音波にて子宮、卵巣は正常。基礎体温の測定について尋ねると毎日測っているとの答えでしたが、それは一般の体温計で普通に腋窩体温を測定しているものでした。そこで、基礎体温とは婦人体温計を用いて舌下で測るものであることを説明し、基礎体温表をお渡しして2ヶ月から3ヶ月測定して持参するようにお話しました。
 3ヶ月後基礎体温表を記入して受診なさいました。そちらを確認すると月経周期は約40日であることがわかりました。ところがご本人に確認すると排卵日は月経から14日目と何かで読んだので、月経から14日目ぐらいにのみ夫婦生活を持っていたということでした。そこで月経周期が40日の場合は月経から26日目前後に排卵することが多いとを説明しました。来院日が月経周期の24日目だったので超音波で卵胞計測を行いました。そうするとやはり2日後が排卵日と考えられたのでその頃にタイミングを持つように説明しました。
 それから約1ヶ月後、市販の妊娠反応が陽性を示したため当院を受診なさいました。超音波にて子宮内に胎嚢を認め、妊娠が成立したことを確認しました。

ポイント:基礎体温をつけることは面倒と考えがちですが、基礎体温測定は一番シンプルな検査で妊娠への近道の一つです。

by chikakinu | 2021-01-04 05:00  

<< 帯下(おりもの)の増加と痒み あけましておめでとうございます。 >>