人気ブログランキング | 話題のタグを見る

妊娠中の出血

26歳 女性 会社員

 結婚して半年。第一子を妊娠しました。分娩先と当院の連携も円滑に進み、順調に妊娠は経過していました。つわりも落ち着きいわゆる安定期に入ったと思い以前から計画していた2泊3日の関西旅行へ夫と行きました。久しぶりの旅行を楽しんでいましたが三日目の朝起きてみるとシーツまで汚れるほどの出血があり、びっくりして宿泊先の近くの救急病院を受診しました。
 超音波検査にて胎児の無事は確認できましたが絨毛膜下血腫との診断でした。血腫が大きく出血も持続しているのですぐに入院が必要との診断でした。夫は仕事のため帰仙しなければならず、本人のみ一人きりで入院することになりました。5日ほど入院すると出血も止まり、血腫の縮小もみられました。主治医からは遠距離の移動になるためもうしばらくの入院するように言われましたが、見知らぬ土地での一人きりの入院は心細くなんとか入院一週間で退院の許可をもらいました。安静の指示のもと夫に迎えに来てもらい仙台へ帰ってきました。
 その後入院中の経過が記載してある診療情報提供書を持参し、当院を受診なさいました。

ポイント:絨毛膜下血腫とは胎嚢と子宮筋層の間に見られる血液の溜まりを言います。血管の損傷により血腫ができ、部分的に絨毛膜が剥離していると推測されています。流産には胎児側に原因がある場合と母体側に原因がある場合がありますが、絨毛膜下血腫は母体側の原因の一つとされています。妊娠は、分娩するまで安定期はありません。また妊娠中はもちろん、分娩中も分娩後もいつでも急変する可能性があります。

by chikakinu | 2020-09-01 05:00  

<< 不正性器出血 case3 過多月経 重症貧血 >>