人気ブログランキング |

外陰部腫瘤 疼痛

31歳 女性 会社員

  およそ4〜5日前より外陰部がなんとなく腫れてきたのを感じていましたがそれだけの症状だったのでそのままにしていました。2日前より痛みを感じるようになりましたが、たいした痛みでもないしそのうち治るだろうと思って様子をみていました。しかし昨夜からズキズキとした痛みがひどくなり、腫れている部分もとても大きくなってきたため本日当院を受診なさいました。
 右の外陰部が赤く腫れていました。痛みも強く、膿を出さないと治らないことを本人に説明ました。局所麻酔後、小切開を入れ排膿をおこないました。悪臭のある黄色の膿が排泄されました。嫌気性菌によるバルトリン膿瘍でした。膿の排泄が持続するようにドレーン(膿や血液が溜まらないようにするために入れる管)を挿入し、明日も来院するようにお話し、抗生物質と消炎鎮痛剤を処方しました。翌日、痛みも軽減。およそ4日後には腫れもひき、膿も出なくなり治癒しました。

ポイント:バルトリン腺膿瘍は膣の側にあるバルトリン腺という分泌管の開口部が詰まりそこに細菌が感染しておきます。性交に関連しておきることも多く性成熟期の女性に多くみられます。繰り返す場合は造袋術という手術をすることもあります。

by chikakinu | 2020-03-01 05:00  

<< 続発性無月経 case.2 下腹部痛 >>