当院における人工授精

 人工授精は当院でも以前より行っている、昔から行われている不妊治療のひとつです。今月は人工授精についてお話しいたします。

 人工授精とは排卵時期に精子を子宮に直接入れる方法です。当院では洗浄濃縮法による人工授精を行っています。まず精子を洗って細菌等を除去し、濃縮して子宮に戻すのです。こうすることによって運動しやすくなった精子を全量子宮に戻すことができるので精子が卵子と出会う確率が高くなります。精子は自宅採精した精子をお持ちいただきます。人工授精はご主人の精子数が少ない方、薬による排卵誘発+タイミング法等を行っても妊娠が成立しなかった方に有効であり妊娠率を上昇させることができます。

 当院では人工授精の症例数の増加に伴い、通常診療に影響がでてしまう可能性がありここ数年人工授精は中止していました。しかし第1子を当院の人工授精にて妊娠した患者さんから再開を望む声も多くいただいておりました。そこで新たな治療システムを構築し、この夏から人工授精を再開しました。うれしいことに順調に妊娠症例が増えております。


[PR]

by chikakinu | 2018-10-01 05:00  

風疹の予防接種について >>