風疹の予防接種について

 風疹の流行が心配されています。今月は風疹の予防接種についてお話しします。

 老婦人探偵のミス•マープルが活躍するアガサ•クリスティーの「鏡は横にひび割れて」に次のような文章があります。
「しかも、その点がこの事件の真の解答だったわけなの。なぜかというとね、風疹は非常に伝染しやすい病気だからなの。誰でもすぐにうつされてしまうものだわ。それからね、もう一つ憶えておかなきゃいけないことがあるのよ。それはね、女の人がその」〜彼女は次の言葉を口にするのにちょっとヴィクトリア朝時代風な慎み深さを見せた〜「妊娠四ヶ月以内に、この病気にかかった場合には、非常におそろしい悪影響をうけるおそれがあるということなの。」(橋本福夫訳 角川書房)
本書はアガサ•クリスティーが72歳の時の作品とのことですから1962年、昭和37年にイギリスでは医師ではない老婦人もこのように正しい風疹の知識を持っていたのには驚きます。
 妊娠初期の女性が風疹に感染すると。赤ちゃんにも感染して赤ちゃんに影響が出る事があります。主な症状は耳が聞こえにくい、目がみえにくい、心臓に病気がある、発達が遅いなどで、これを先天性症風疹症候群といいます。妊娠中に風疹にかかることがないよう妊娠前に風疹の抗体があるかどうか確かめておきましょう。血液検査で抗体の有無がわかります。かかりつけ医で検査を受け抗体が無い場合は予防接種を受けましょう。風疹の予防接種後2ヶ月は避妊が必要です。また妊娠中は風疹の予防接種を受けることができません。もし妊娠中に妊婦さんに風疹抗体が無い事がわかった場合は妊婦さんを守るために妊婦さんの夫、お子さん、同居のご家族そして里帰り先のご家族も風疹抗体が十分にあると確認された方以外は早急に予防接種を受けてください。

[PR]

by chikakinu | 2018-09-01 00:00  

<< 当院における人工授精 月経困難症を考える >>