風疹について

 妊娠中に感染すると心配な病気の一つに風疹があります。今月は風疹についてお話いたします。

 妊娠初期の女性が風疹に感染すると。赤ちゃんにも感染して赤ちゃんに影響が出る事があります。主な症状は耳が聞こえにくい、目がみえにくい、心臓に病気がある、発達が遅いなどで、これを先天性症風疹症候群といいます。妊娠中に風疹にかかることがないよう妊娠前に風疹の抗体があるかどうか確かめておきましょう。血液検査で抗体の有無がわかります。かかりつけ医で検査を受け抗体が無い場合は予防接種を受けましょう。風疹の予防接種後2ヶ月は避妊が必要です。また妊娠中は風疹の予防接種を受けることができません。もし妊娠中に妊婦さんに風疹抗体が無い事がわかった場合は妊婦さんを守るために妊婦さんの夫、子ども、同居ご家族そして里帰り先のご家族も風疹抗体が十分にあると確認された方以外は早急に予防接種を受けてください。 昭和54年4月2日〜平成7年4月1日生まれの男女は風疹の予防接種率低く、また昭和54年4月1日以前生まれの男性は子どもの頃に定期接種を受ける機会がありませんでした。この時期に該当する方は風疹に十分気をつけ、抗体が無い場合は予防接種を受けてください。 ゴールデンウィークですが風疹抗体の無いまたは低い妊婦さんは不要不急の外出を控え、人ごみを避けるようにしてください。今、風疹とともに麻疹(はしか)も心配です。二つ良い事はなかなか無いものです。妊娠しながら旅行も楽しむというのは両立しないこともあります。今は授かった大事な赤ちゃんを風疹から守る事を第一に考えましょう。

[PR]

by chikakinu | 2018-05-01 00:00  

子宮内膜症について >>