子宮内膜症について

 女性は約40年月経と共に暮らします。充実した毎日を過ごすには月経時も快適であった方が良いと考えます。毎月の月経時の痛みが強い、月経量が多いなどの症状があれば生活の質も低下してしまいます。月経の痛みが強い原因のひとつに子宮内膜症という病気があります。今月は子宮内膜症についてお話いたします。

 子宮内膜症とは子宮内膜が本来存在している子宮の内側だけではなく違う場所にも発生してしまう病気です。子宮内膜症の症状は月経痛、下腹部痛、腰痛、性交痛、排便痛などの疼痛が主な症状となります。発生する場所は卵巣、子宮の筋層、子宮の裏側、腹膜、直腸、肺など様々です。子宮内膜症が発生した場所では月経周期にあわせて病変部分も月経様の変化をくり返します。そのため発生した部位により症状が異なります。子宮の筋層内に子宮内膜が存在すれば月経の痛みがとても強くなります。 子宮の裏側に子宮内膜が存在すると排便痛や性交痛をひきおこすことがあります。内臓をおおっている腹膜に子宮内膜が存在すれば内臓表面で出血し炎症をおこし、臓器どうしがくっついてしまう癒着ができます。癒着するとそれぞれの臓器の動きが悪くなり不妊症、腹痛などの原因となります。癒着は手術でしかはがすことができませんが癒着の程度によっては手術そのものが困難となります。直腸に子宮内膜が発生すれば月経時に下血し、肺に子宮内膜があれば月経時に喀血します。 子宮内膜症の確定診断は腹腔鏡手術による組織検査が必要です。しかし、問診、内診、超音波断層撮影、血液検査、MRI、CTでも臨床的に子宮内膜症の診断をつけることはある程度可能です。 子宮内膜症の治療には薬物療法と手術療法があります。現在のところ薬物療法では子宮内膜症は根治できないことが多く、症状を一時的に緩和し進行を遅らせることが主体となります。手術療法は将来的に妊娠を望むか望まないかによって手術方法が異なってきます。 子宮内膜症は放置しておくと症状が進みます。子宮内膜症が原因の不妊症患者さんの治療には苦慮します。早めに受診して適切な治療を続ければ子宮内膜症が進行するのをある程度防ぐことができます。しかし子宮内膜症と診断を受けた場合は妊娠出産の時期を逃さない様にする注意が必要です。

[PR]

by chikakinu | 2018-04-01 05:00  

<< 風疹について