妊娠とインフルエンザ予防

 寒さが増してきました。インフルエンザの予防接種の時期です。今月は妊娠とインフルエンザ予防についてお話します。

 インフルエンザは冬に流行する感染症です。主な症状は38度以上の高熱、関節痛、頭痛、筋肉痛などです。妊婦はインフルエンザ感染が重症化し易く、妊婦の高熱は時に児の心血管系の先天奇形の原因となるという研究報告もあるので、妊婦はインフルエンザに罹患しないようにすることが大切です。インフルエンザに罹患しないために最も効果的なことはインフルエンザワクチンを接種することです。現在使用されているインフルエンザワクチンは不活化ワクチンであるため全妊娠周期を通じて妊婦、胎児双方に理論的に問題は無いと言われています。インフルエンザワクチンには防腐剤としてエチル水銀を含む製剤とエチル水銀を含有していないものがあります。エチル水銀の濃度は極少量であり胎児への影響は無いとされていますが、緊急時(インフルエンザが猛威を振るっていて一刻も早い接種が必要など)以外はエチル水銀の含まれていないインフルエンザワクチンを接種したほうが望ましいと考えます。当院ではエチル水銀の入っていない製剤を使用しています。インフルエンザワクチンの接種後効果がでるまでには2〜3週間かかります。11月中に妊婦さんと妊婦さんの夫、お子さん、お里帰り先のご家族皆さんでインフルエンザワクチンの接種を受けてください。

[PR]

by chikakinu | 2017-11-01 06:00  

<< 体内時計について 妊娠中に注意が必要な食べ物について >>