当院における人工授精

 人工授精は当院でも以前より行っている、昔から行われている不妊治療のひとつです。今月は人工授精についてお話しいたします。

 人工授精とは排卵時期に精子を子宮に直接入れる方法です。当院では洗浄濃縮法による人工授精を行っています。まず精子を洗って細菌等を除去し、濃縮して子宮に戻すのです。こうすることによって運動しやすくなった精子を全量子宮に戻すことができるので精子が卵子と出会う確率が高くなります。精子は自宅採精した精子をお持ちいただきます。人工授精はご主人の精子数が少ない方、薬による排卵誘発+タイミング法等を行っても妊娠が成立しなかった方に有効であり妊娠率を上昇させることができます。

 当院では人工授精の症例数の増加に伴い、通常診療に影響がでてしまう可能性がありここ数年人工授精は中止していました。しかし第1子を当院の人工授精にて妊娠した患者さんから再開を望む声も多くいただいておりました。そこで新たな治療システムを構築し、この夏から人工授精を再開しました。うれしいことに順調に妊娠症例が増えております。


[PR]

# by chikakinu | 2018-10-01 05:00  

風疹の予防接種について

 風疹の流行が心配されています。今月は風疹の予防接種についてお話しします。

 老婦人探偵のミス•マープルが活躍するアガサ•クリスティーの「鏡は横にひび割れて」に次のような文章があります。
「しかも、その点がこの事件の真の解答だったわけなの。なぜかというとね、風疹は非常に伝染しやすい病気だからなの。誰でもすぐにうつされてしまうものだわ。それからね、もう一つ憶えておかなきゃいけないことがあるのよ。それはね、女の人がその」〜彼女は次の言葉を口にするのにちょっとヴィクトリア朝時代風な慎み深さを見せた〜「妊娠四ヶ月以内に、この病気にかかった場合には、非常におそろしい悪影響をうけるおそれがあるということなの。」(橋本福夫訳 角川書房)
本書はアガサ•クリスティーが72歳の時の作品とのことですから1962年、昭和37年にイギリスでは医師ではない老婦人もこのように正しい風疹の知識を持っていたのには驚きます。
 妊娠初期の女性が風疹に感染すると。赤ちゃんにも感染して赤ちゃんに影響が出る事があります。主な症状は耳が聞こえにくい、目がみえにくい、心臓に病気がある、発達が遅いなどで、これを先天性症風疹症候群といいます。妊娠中に風疹にかかることがないよう妊娠前に風疹の抗体があるかどうか確かめておきましょう。血液検査で抗体の有無がわかります。かかりつけ医で検査を受け抗体が無い場合は予防接種を受けましょう。風疹の予防接種後2ヶ月は避妊が必要です。また妊娠中は風疹の予防接種を受けることができません。もし妊娠中に妊婦さんに風疹抗体が無い事がわかった場合は妊婦さんを守るために妊婦さんの夫、お子さん、同居のご家族そして里帰り先のご家族も風疹抗体が十分にあると確認された方以外は早急に予防接種を受けてください。

[PR]

# by chikakinu | 2018-09-01 00:00  

月経困難症を考える

 殊の外暑い夏です。月経痛がひどい女性は暑さと痛みで大変過ごしにくいことと思います。今月は月経困難症についてお話します。

 月経困難症は月経時に強い下腹部痛、腰痛があり学校生活や就労などの社会生活に支障をきたすものを言います。約80%の女性に月経時に何らかの症状が見られます、その中で社会生活が困難な場合のみを月経困難症と言います。月経困難症には子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因となっている器質性月経困難症と、何も原因の無い機能性月経困難症があります。多くの場合、特に10 代から20代はじめの分娩経験の無い女性の月経困難症のほとんどは機能性月経困難症です。 治療は鎮痛剤の内服が第一選択です。月経困難症の患者さんに鎮痛剤の内服の有無を尋ねると「なるべく鎮痛剤は内服しないでがまんしている。」と答える患者さんが多く見受けられます。鎮痛剤はなるべく早いうちに適正かつ十分な量を内服することが大切です。それでも痛みのコントロールが難しい時にはピルを内服する方法があります。月経困難症の女性は将来的に子宮内膜症を発症するリスクが高いのでピルの内服を早めに開始することも大事なことです。 月経が12歳に開始し、毎月5日間痛みがあり、51歳に閉経するとして5日×12ヶ月×40年=2400日≑約6.7年人生の7年近くも痛みに耐えなければなりません。月経困難症の対処について正しい知識を持ち豊かな人生を送りましょう。

[PR]

# by chikakinu | 2018-08-01 05:00